2002年度
山形ゼロックスの環境マネジメントシステムの確立ISO14001(EMS)認証取得

宣言

2002年3月28日 山形ゼロックス ISO14001取得宣言
避けて通れない環境問題を背景として 『循環型経済システムの確立』

私達、山形ゼロックスは、業績のみを追及するのではなく、美しい地球環境と限りある資源を次の世代につなぐために、環境に負荷の少ない企業活動を展開し、地球環境の保全と資源の保護に努めます。また、それを実行するために、全社員でISO14001の取得活動に取り組むことを、ここに宣言します。

当日のプレゼン内容より

ISO14001は全員で取り組まなければならない

ISO14001は全従業員を対象とする為、山形ゼロックスで働く全従業員一人ひとりが取り組まなければ、
取得できない。


スケジュール

山形ゼロックス 14001認証取得までのスケジュール

2月 環境マネジメントシステム体制構築
   部門長、推進者研修会
3月 キックオフ ISO14001取得宣言(3/28)
4月 一般従業員への教育
   環境方針の検討・決定
   環境側面の抽出
   文書体系作成
5月 環境影響評価
   手順書の作成
   目的・目標設定
   環境規則・マニュアル作成
6月 内部監査研修
   プログラム設定
   書類審査準備
7月 プログラムの実施開始
   書類審査(7月末)
8月 内部監査
9月 模擬審査(9月10日~11日)
   初動審査(9月31日~10月1日)
   マネジメントレビュー(初動審査後)
10月 内部監査
    マネジメントレビュー(内部監査後)
11月 本審査(11月21日~22日)
12月 審査結果通達(14001認証取得)
    登録公表

スケジュール


グリーンオフィス設置

全社での省エネルギー・省資源活動への取り組み
環境活動の定着を目指すために、
「グリーンオフィス推進委員会」を設置

『グリーンオフィス推進委員会』

グリーンオフィス推進委員会


運用開始

 
2002年3月、ISO14001 年内取得を目標に社長の環境宣言と共に全社をあげてEMS活動がスタートしました。初年度はEMS構築、通常組織の他にグリーンオフィス推進委員会を設立。何も分からないところから基盤つくりの1年となりました。
EMS活動を始めて得たもう一つの収穫
初年度は事務所内が目に見えて改善される毎日でした。今では信じられませんが、以前はゴミはゴミ箱に捨て放題、裏紙コピーなど誰も行っ ていませんでした。
また、環境に対する意識作りのほかに、ISO活動を始めてからマニュアルにのっとり手順書が整備され、自分達で統一さ せたルール作りを行いました。この作業を皆で行うことにより長い時間をかけてルーズになってしまった仕事のやり方、個人任せのファイリ ング管理など、悪しき習慣を断ち切り、仕事のマニュアル化の実現、書類の提出期限が守られるようになった等、この後 本来業務の改善 にも、大きく役立っていきます。
当社のISO活動については、取り組み当初からグループ企業の社内報で度々大きく 取り上げられクループ内での意識向上にも貢献しています。

ISOを始めて1年目、会社も個人も、こんな風に変わりました

グリーンオフィス推進委員 
(営業マネージャー/男性)
何をするにも履歴をとって残す仕事のやり方になりました。 具体的には、 PDCA ( Plan 、 Do 、 Check 、Action )の流れに沿って環境保護推進活動を行い、全て文書に残すということです。家庭でもゴミの分別は前から行っていましたが、分別をする以前に、どうやったらゴミを出さないようにできるか、また少なくできるかを考えています。リサイクルは自分自身ではできないのでリデュース(ゴミの発生抑制)とリユース(再利用)に努めるようになりました。
内部監査委員
(営業担当/男性)
車のアイドリングストップ、照明器具のマメな消灯、ゴミの分別などは、職場でも家庭でも当たり前の事の再確認なので、それほど苦にはなりません。私は内部監査員をしていますので、内部監査の前後は日常の業務の他に監査業務が増えました。
ISOは(Plan、Do、Check、Action)のマネジメントサイクルでの継続的な改善が基本ですが、これは日常の営業活動のプロセスでも同じことが言えますので、営業にとってかなりプラスになることが多く、営業スタイルが代わった人も多いはずです。
ISO事務局 
(スタッフ職/女性)
社内で大きく変わったこと、それはゴミ箱がなくなったことです。以来、封筒1枚でも再資源できるかどうかを捨てる前にまず考えるようになりました。私は事務局としてISO活動に携わっていますが、約100人の社員にマニュアルを理解してもらい、実践してもらうことの難しさを感じました。
自宅では、ゴミになるようなものは外から持ち込まないように心がけています。食事や子育てなど、生活に密着している割合が多い分、女性の関心が高まればいいなと思います。

初年度の変化(ちょっと始めただけで 、 こんなにきれいになりました)
 

環境への取り組みセキュリティへの取り組み子育て支援企業宣言セミナー案内セキュアネットワークサービス beat広告・省エネ フィルム施工 Sootch Printインターネットショップ E-QIX山形ゼロックスのメニューでございます。