山形ゼロックス株式会社は、新型コロナウイルスの国内感染を受けて
2020年1月30日より当社BCP対策として3段階のレベル分けをし、
状況の変化に応じて感染の予防と対策を進めてまいりました。

緊急事態宣言を受け、地域への感染拡大抑止と従業員の安全確保の観点から、
現在も以下の対応を実施しておりますのでお知らせいたします。

【BCP行動指針】
社員及びその家族のコロナ感染を防ぐことを最重点とする。
また、感染が発生した場合の感染の拡大を防ぎ、事業継続に与える影響を
最小限に抑えることを第一に考え行動する。
自分も、周りの人も、感染の可能性が0ではないと考える。

予防のための行動については当社でガイドブックを作成し全従業員に展開しています。
下記に公開いたしますので、当社取り組みにご理解をいただき、また皆さまのコロナ対策運用にご参考になれば幸いです。
こちらからご覧ください→【山形ゼロックス】新型コロナウイルス感染予防と対処ガイドブック
従業員、および家族に感染の疑いや感染があった場合の対処フローをつくり、
行政や医療機関の指示に従い対応します。

 ■分散業務による出勤制限への対応
・テレワーク(在宅勤務)、時差出勤など
・Teams会議、チャットなどを利用した会議・打合せに切替え
・執務スペースを工夫し、事務所内で分散して業務にあたる

■事務所での過ごし方
・マスクは必ず着用し、換気・手洗い・消毒を念入りに行う
・出社したら検温結果と健康状態を報告する
・接触しないよう距離を取り、休憩についても密集しないよう場所や時間を分散する
・来客の予定がある場合、事前に相手先に「マスク着用の上、来社いただく」よう協力をお願いする

 ■訪問時の注意
・不要不急の訪問はせず、⻑時間の接触を控える
・必ず検温、マスク着用し、手指の消毒を行う
・訪問の記録をとる

 ■外出時の注意
・不要不急の外出はしない
・マスク、消毒液等を持って出かける
・共用スペースの接触感染に注意する(ドア・手すりなど)
・不確かな情報や、うわさ話を他者にしない。

最後に、一日も早い終息を願い、感染拡大防止への取組の輪が広がりますよう全力を尽くし対応します。